北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

美味しいスイーツ見つけた!! 

 

  よく行くショッピングセンター「凱徳」の3階にある洋服のお店が並ぶ一角に「スイーツ」のお店が出来た。店の名前は『鮮芋仙』。Img_1764


  文字通り芋(里芋)を中心にしたスイーツで、最初は「どうかな?」と思ったがなかなか美味しい。でも食事の後だったので私には量が多過ぎる。次回は昼食代わりに食べることにする。Img_1761_2





  このショッピングセンターの地下には人気の飲食街があり、3階のこの『鮮芋仙』は見つけにくいと思うが、珍しいスイーツだし美味しいので徐々に顧客が増えるような気がする。

Img_1763

2013年10月24日 (木)

北京のお見合い大会

 

  市場で買い物した帰りに通る望京広場に人が集まっていた。(ほんじは写真正面真ん中のマンションの25階に住んでいるのでとても近い。)20131019_152640


お見合い写真と経歴などのコピーがたくさん並び、たくさんの人が食い入るように見ている。20131019_153651


  インターネットでお見合い希望者が申し込みをして、実際指定された期日、場所に集合してゲームをしたりしながら好みのお相手を探すのだ。当日に申し込んでいる人も少なくない。このようなお見合い大会は中国全土で行われ、地方では息子や娘のために親が参加することも多いが、北京のような都会では本人が集まっている。20131019_153843


2013年10月16日 (水)

北京は「本日晴天なり」

 

日中の気温15度と下がってきたが、北京はこの数日真っ青な青空でまさに秋晴れである。日陰は少し肌寒く、日向はぽかぽかと気持ちがいい。特に今日はゴルフ日和でした。Gmax


今週北京に来る予定だった日本の友人が、電話で「北京のスモッグがひどいとニュースで見た。50m先も見えないのでは北京空港に着陸できないかもしれないので、今回は北京行きを止めた。」と言ってきた。これで二人目の北京行き中止である。

確かに強烈なスモッグの日もあったのは確かだが、日本でニュースを見ていると毎日ひどいスモッグと思ってしまうのかもしれない。私が若い頃の東京は北京のスモッグどころではなかった。車の排気ガスによるスモッグ、光化学スモッグ、酸性雨などひどいもので、小学校などひどい天気の日は休校になった。今の東京はそんな話は嘘のように綺麗になってきたが、北京も日本や諸外国のアドバイスを受けながら懸命に対策をしている。先日もブログに書いたが市内の川がだいぶ綺麗になってきた。

  

これから北京に来られる皆さん!毎日スモッグというわけではありませんよ。万が一ひどいスモッグの日があったらホテルで食事をしたり、デパートで買い物してあまり外へ出なければ良いのです。私はそのようにして長いこと北京で暮らしています。

2013年10月 9日 (水)

水槽の掃除屋さん

 

  7月初めの頃、簡単なプラスティックの箱に入れて10匹の熱帯魚を観賞用に飼い始めた。

3ヶ月がんばって生きてくれたお魚たちに敬意を表すため、これまでの水槽2倍の大きさでフィルターを通す水循環器、LED`照明、砂などを購入し、一緒にもう10匹の熱帯魚のお友達を加えた。以前より明るくて広くなり、お魚たちも喜んでくれたようだが、鑑賞用らしく観ている方も楽しい。

  003_9


  金魚屋さんに薦められて「水槽の掃除屋」という魚を1匹購入したが、なまずのような魚でほかの熱帯魚には見向きもせず、ガラスの壁面、循環器のパイプなどをゆったりと体を動かしながら掃除をしてくれる。

  ネットで調べたら、『コケ取り魚として最も有名な魚で、南米原産の小型ナマズの仲間です。吸盤のような口で水槽壁面や、水草表面のコケをなめ取るように食べ、コケに対して非常に効果的なクリーナーフィッシュです。』と紹介してあった。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »