北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月22日 (木)

酒粕(さけかす)

   友人に奈良漬をいただき、食事時に美味しく少しずついただいていたがついになくなった。そこでやや細めのきゅうりを買ってきて、3~4日ほど奈良漬の入っていた酒粕に漬けたところ、上手くいきました。なかなか美味しいです。

132


   本来酒粕は白いが、奈良漬の酒粕は焦げ茶色をしている。漬物用は4ヶ月から1年ほど熟成するため変色するらしい。

   酒粕は、清酒製造時の副産物でエタノールが含まれ腐敗しにくいが、お酒の弱い人は顔が赤くなったり、酔ったりする。過去に奈良漬を食べて酒酔い運転で捕まった人がいたらしい。

   お酒の弱い人は、「奈良漬食べたら運転するな

2013年8月19日 (月)

北京のゴキブリ

   初めて北京でゴキブリを見た時、「小さい!」と思った。東京のゴキブリの1/3くらいの大きさだ。広州の魚市場で売っていたかごに入ったゴキブリは日本のゴキブリとほぼ同じ大きさで、レストランで料理に出てきたときは養殖だと聞いた。東アジアに多い料理のようで油で揚げて料理するが、ほんおじは少ししか食べなかったが、よく言えば海老のから揚げに似ている。

   子供の頃は「油虫」といっていたが、今は「ゴキブリ」と呼ぶのが一般的なようだ。ゴキブリは海外ではポピュラーなペットらしいが、日本にも愛好家が存在し1993年6月4日には、岡山市でゴキブリの品評会が初開催されたそうだ。

Photo_2 とは言っても台所でゴキブリを見れば嫌な気分になる。最初、日本でいただいた「ゴキブリ団子」が大変効果があり、たくさんあったので友人にも配った。その後入手が出来なくなり中国製「ゴキブリ団子」を試したが効果がない。北京のスーパーでは日中のメーカー品がたくさんあり、スプレーも試したが今は昔ながらの「ゴキブリほいほい」が北京のゴキブリにも効果があると思っている。

2013年8月12日 (月)

済陽高穂先生の食事療法

   Photo 30年間で約4000例のがん手術を執刀した済陽高穂(わたようたかほ)先生が、手術、抗がん剤、放射線の三大療法だけでは「がんを治すには限界があるのではないか。」と疑問をいだき、食事療法で治癒率を大幅にアップさせることを実践されてきた。

   済陽(わたよう)先生の書かれた『今あるがんが消えていく食事』(ビタミン文庫)を読んで、今ほんおじが行っている食事療法に確信が持てたり、新しいことも知ることが出来大変参考になった。この本では「がんの食事療法の基本方針」として8つの項目を挙げている。

限りなく無塩に近い食生活

動物性(四足歩行動物)たんぱく質・脂肪の制限

新鮮な野菜と果物の大量摂取

胚芽成分及び豆腐の摂取

乳酸菌、海藻、キノコの摂取

ハチミツ、レモン、ビール酵母の摂取

オリーブ油、ごま油の活用

自然水の摂取+禁酒・禁煙

ほんおじは上記項目の70%は既に半年以上実行している。残り30%は出来ないこともあるが早速改善に努力していきたい。

2013年8月 6日 (火)

北京市内の川が綺麗になった!!

Photo 北京市内の川は様々な浮遊物があったり、汚れもひどく夏になるとその臭いは更にひどくなっていた。しかしこの夏、川のくさい臭いがなくなっているのに気がついた。雨になると泥だらけになった川沿いの道も綺麗に舗装され、木々も草花も植えて公園のようになった

ほんおじの住む望京には、中央を流れる川と北京空港から市内に向かう高速道路沿い右手の川の2本があるが、そのいずれも最近綺麗なった。この調子で中国全土の川が綺麗になることを望むPhoto_2

2013年8月 2日 (金)

北京「吉村屋」

李姉が突然「美味しいラーメンを食べに行こう!」と北三環路にある「吉村屋」に行くことになった。李姉は以前行ったことがあり、とても美味しかったと太鼓判を押した。李弟と3人で家の門の前から出ているバスに乗り、約30分で目的の「吉村屋」に着いた。北三環路に面し、門構えも立派なので探すのには苦労をしないですむ。道路の向かい側には大型デパート「PARKSON」がある。

中に入ると80席くらいあり、思ったより広かった。ラーメンは「醤油」「味噌」「塩」の三種類だったので一つずつ頼んだが、出てきたとき三種類ともとんこつラーメンに見えた。それぞれスープを飲んでみて判った。基本はとんこつスープで「醤油」「味噌」「塩」を加えそれぞれ香ばしい味に工夫している。いずれもそれなりに美味しいが、「醤油ラーメン」の味が一番だ。次回は「醤油ラーメン」一本で注文する

北京では水餃子が一般的なので、「吉村屋」のメニューでは焼餃子を即座に頼んだがやはり旨かった。ほんおじは昔からもやし炒めも好きで頼んだが、ニラと美味しい焼豚が素晴らしくマッチしていて、三人で取り合いすぐになくなった。毎日メニューの半額になる料理があり、この日はお好み焼きだった。李弟は以前日本式お好み焼きで働いていたので詳しいが、悪くないと言いながらしっかり食べていた。また、来たくなる「吉村屋」でした。大望路にも最近2店舗が出来、お客さんで賑わっていると聞いた。チェーン展開の可能性もあるでしょう。

Photo_2

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »