北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« カテキンとED薬を試して(緑茶の最適な摂取量) | トップページ | 元祖よもぎ蒸し »

2013年5月 2日 (木)

中国全土無料の体育施設

   下の写真は何だか判りますか!?

Photo

   中国全土どこにいっても目にする屋外健康機器で、中国では「体育施設」と呼んでいる。公園の中や道路わきの空き地など、どこに行ってもある施設で天気の良い日や夕食後三々五々お年寄りや子供たちが集まって、思い思いにトレーニングをしている。国民の健康促進にもなり本当に素晴らしいことだと思う。

   昨年の9月の発表によると、中国国家体育委員会は屋外体育施設に118.3億元(約1775億日本円)を投じている。モデル地区となっている山西省には28,000箇所の地区の農村に設置、全国的には231,306箇所に設置した。この費用は、中国で人気のある体育彩票という「ロト」が収入源になっていると聞いている。

   ほんおじは初めはこの施設を利用するのが少し恥ずかしかったが、今は中国の人達と一緒に利用させてもらっているが、まだ、使い方が判らない施設もある。

« カテキンとED薬を試して(緑茶の最適な摂取量) | トップページ | 元祖よもぎ蒸し »

適度な運動とゴルフ」カテゴリの記事

コメント

日本に有料施設ですが
カー#スという女性だけのジムがあります。

30分足らずのトレーニングですが
汗をかいて体の基礎代謝量を上げる目的があり
ます。音楽に合わせて順番に多種目のトレーニングマシーンを使いこなします。

日本も 公共の場で無料で誰でも利用が出来るところがあるといいですね。

『体育施設』
無料で しかも老若男女問わず使用できるなんて
最高ですね。
写真で見ると どんな使い方をするのか・・
頭を使って切磋琢磨するのも
脳の体操にもなりますよね(笑)

「音楽に合わせて順番に多種目のトレーニングマシーンを使いこなす。」というのは良い方法ですね。
日本には無い中国の自由に利用できる『体育施設』は、素晴らしいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国全土無料の体育施設:

« カテキンとED薬を試して(緑茶の最適な摂取量) | トップページ | 元祖よもぎ蒸し »