北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

カテキンとED薬を試して(緑茶の最適な摂取量)

   今年の2月4日にカテキンとED薬を試し始めてから、5月3日で3ヶ月になる。右首のリンパ腫の大きさが直径30mm以上が20mmまでに小さくなってから今日現在も変わっていない。しかし以前に喉の痛みは取れたものの、痰の量が次第に多くなり日常生活に影響していたが、2週間ほど前最近痰が出ないということに気が付いた。もうひとつ困っていたことは、汚い話しで恐縮だが飲み物を飲むと突然鼻から飲料が出てくることがたびたびあった。これは中咽頭ガンの症状のひとつであるが、これも2週間ほど前から全くその症状がなくなっていることに気が付いた。

   リンパ腫のガンはあるものの、現在生活上も飲食も何の影響もなくなったのでこのままでも大満足である。もちろんカテキンとED薬の治療は続けていくが、緑茶の最適な摂取量について不明点があり、みなさんからのコメントやメールそしてネット上の専門家の記事などを調べてみた。たくさんの情報の中で大切なポイントだと思ったことをまず羅列してみる。

 カテキンの一日当たりの摂取量は、個人差はあるが270mmg摂れば有効であるが、またウィキペディアには300~400 mmgが適正推奨量であると記載されている。カテキンメーカーには、500mmg以上としているところもある。

 健常な人の場合、カフェインの適正摂取量は1日300mg以下と言われている。

煎茶の場合、150mmLに30mmgのカフェインがあるため、逆算すると一日煎茶の場合は1500mmL(1.5L)以内の摂取にした方が良いということになる。

 お茶の飲用後の血中カテキン量は約90分でピークに、10~12時間でほぼ消失することがわかっている。従って茶カテキンの効果を期待するためには、3~4時間ごとにお茶を飲むことが必要。

 緑茶の中で有効成分のカテキンがもっとも多く含まれるのは煎茶である。なかでも安い部類の三番茶、100gで500円~1,000円クラスのものにカテキンが多く含まれている。その理由は、収穫が最も遅いので、それだけ太陽をたくさん浴びているからで、春茶より夏茶の方がカテキンが多いという説明もあった。

 煎茶の効果的な飲み方は、3gの茶葉を200cc、90度のお湯で煎れ、2分置いてから注いで飲む。食前は避け、食後や食間で1日に6杯程度飲むと良い。

Photo 全て書き出すときりが無いので大切と思われるポイントだけとしたが、以上のことからほんおじは徐々に下記のように緑茶を摂取していくことにした。

夏の煎茶を購入。(日本から取り寄せ)

カップ(写真)は230ccなので、茶葉は3.5gとする。(今まで茶葉が少なかったことが判った)

Photo_3 1日カップ230cc(写真)を4杯、ペットボトル緑茶(500cc)の計1420cc(約1.4L)を摂取する。

冷いお茶、熱過ぎるお茶は飲まない。

   ほんおじはガンになる前は、毎日砂糖入りコーヒーと、糖分の多いペットボトル飲料を飲み、お茶はほとんど飲んだことが無かった。これを緑茶に変えただけでも、糖分やカフェインをかなり抑えることが出来たことになる。以前より飲み物は夜中も含めちびちびと飲む癖があり、一気飲みはしない。忙しい方はサプリメント(カテキン)がお奨めだが、ほんおじの場合サプリメントを飲むとほかの飲み物を新たに探さなくてはならなくなる。それならば一日ちびちびと緑茶を飲んでいる方が良いし、その方が今回効果があることが判った。摂取量は、カフェインなどの作用もあるので1.5L以上は絶対に飲まない。

Photo_4

   現在、カテキンとED薬を始めているビギナッツさんからいただいた情報が、今回大変役に立ちました。有難うございました。

2013年4月26日 (金)

北京のイタリア料理「サイゼリヤ」

   Photo 望京のフランス系スーパー「カルフール」の入っているビルの4階にある「サイゼリヤ」は、昼、夜いつ行っても満員だ。日本では900店舗くらいのチェーン展開をしているイタリア料理「サイゼリヤ」が、上海市に100%子会社上海薩莉亜餐飲有限公司を設立したのが2003年6月。上海、南京、蘇州、広州と広がり今日現在、北京だけでも20店舗を展開している。

   値段が手頃でいろいろな種類のイタリア料理が食べられ、お店も綺麗だし、従業員の仕事振りもてきぱきして、料理で待たされることも無いことから、学生、サラリーマン、OL、家族、アベックとあらゆる世代に人気がある。

   Photo_2 この種のビジネスで中国に進出する場合多くが合弁会社となるケースが大半で、株式会社サイゼリヤが100%の独資でスタートしたことは特筆するべきことである。チェーン展開は中国、香港や台湾企業と組む方が中国に進出しやすいと考えられているからだ。

   もうひとつは、中国に進出する飲食業は日本料理、居酒屋、ラーメン店、寿司屋、お好み焼き、喫茶店などが多いが、イタリア料理を日本企業が展開する発想はほとんどなかった。ハンバーグはアメリカ、フランス料理はフランス、イタリア料理はイタリアからと常識的に考えてしまう。中国人にあった味と価格そして従業員の質をレベルアップする展開ならどこの国の料理でも、日本から進出する方が成功率が高いことを「サイゼリヤ」は実践してくれたと思う

Photo_3

   一般の中国人は、人気のお店「サイゼリヤ」が日本の会社経営であることは知らないし、わざわざ説明する必要も無いのだ。これからも反日運動があっても何の影響も無いネーミングで、国際企業として活躍する企業の進出に期待したい。

2013年4月24日 (水)

桜寄贈の思い出

   1980年中国安徽(あんき)省寧国(ねいこく)市の寧国セメント工場の生産設備(日産4000トン)の契約のお礼に、この仕事に携わった3社が桜の苗木500本を寄贈した。ほんおじが中国で最初に契約した仕事でもあり、大変嬉しかったことを今でもよく思い出す。

   昨日、この桜が今どうなっているのか気になり中国のウエブサイトで調べたところ、33年経ったセメント工場の桜が見事に咲いている写真を見つけた。当時この500本の桜は寧国市にも寄贈されたことは聞いていたが、ネットでは市の公園や中学校にも植えられ、「寧国セメント工場にかかわった日本の代表団から寄贈された桜である。」というコメントも添えられていた。

20094241438581931

   当時、桜の苗木を贈るのにあたって、果たして桜が根付くかどうか最初に心配になり専門家に確認したところ、つつじが咲いている地域なら大丈夫と聞き、現地につつじが咲いていることを確認してから苗木の手配をした。現地には500箇所の穴の深さ、間隔を事前に説明し、到着後すぐに植え込みをするように指示した。苗木は1.5mの高さで、根には水苔に水を浸しビニール巻きし、成田ー上海は航空貨物として、上海から現地まではトラックチャーターで運んだ。心配していた植物検疫も無事通過した。

20094241439519231

   1年後、1本も枯れることなく花が付いたと報告を聞いた時に、やっと安堵したことを今も覚えている。チャンスがあれば、お花見の時期に寧国市に行ってみたいと思う。

201204011102467541               寧国中学初中部の桜

2013年4月22日 (月)

北京新望京市場

   よく買い物をしている望京市場が移転した。といっても隣に建設中だった新市場に引越しをしただけだが、同じ望京の西側にあった南湖市場と一緒になったことからその規模は2倍以上になった。新望京市場に移転しても、ほんおじの住まいからの距離は変わらず便利である。

   2階建てを長方形に建設し、その中庭全てが野菜と果物の市場。日本でいう小さい八百屋さんが50軒くらいひしめいている感じである。

Photo_3

   2階建ての一階部分は約40店舗の飲食街のほか、肉屋、魚屋、お茶屋、花屋、ペットショップや雑貨屋がひしめいている。肉屋さんだけでも20軒はありそう。写真は建物の一階中庭側だが、外側に向いている店は現在内装中で美容院、自転車、オートバイ、電気、パソコン修理、小さいスーパーなどが入る。2階部分は衣料品、靴、鞄などの店が入る予定で恐らく100店舗くらいにはなるだろう。

Photo_2

   ここは、安い物を売る庶民向け大型市場である。写真の中で気がつかれたかもしれないが、看板には中国語と韓国語が併記されている。この地域には5万人以上の韓国人が住んでおり、韓国系のお店も出店し韓国の商品も売られている。

2013年4月20日 (土)

北京の春

   北京の春はいつからいつまでかと聞かれると、明解な答えが出来ず困ってしまう。感覚的には3月末から5月末の2ヶ月なのだが、4月に入っても冬の天気に逆戻りしたり、5月に入ると30度を超える真夏日があったりする。毎年春らしい天気が少ないため、「北京には春がほとんど無く、冬からすぐ夏になる」と言いたくなってしまう。気象学の基準によると、5日連続で22度以上の温度が続くと夏に入ったことを示すらしいが、そうすると5月後半から6初旬には北京は夏になるということになる。

   例外的に2009年は5月3日に夏入りしたが、この時は春は1ヶ月くらいしかなかったことになる。

    Photo_5Photo_6 春の基準は、木々の若芽や花の開花と思うと納得しやすいかもしれない。この一週間、ゴルフ場や近所を歩いて撮った花の写真だ。

           北京は今、春真っ只中

Photo_3 

2013年4月18日 (木)

健身球

   Photo 中国でよくお土産にする「健身球」は、二個のボールを手の平に載せてボールを廻すことにより、手全体の関節部分を動かすことから筋肉が収縮し柔らかくなる。また、中国漢方理論によると「手のひらを刺激し、血の流れを良くし、精神力の向上、高血圧などの慢性病の予防にも効果がある。」そうだ。慣れてくると、二つの玉を手のひらに乗せ5本の指で右回り、左回り交互に廻せるようになる。最初はどちらか回せる方を探して練習し、我慢強く続けると意外に簡単に出来る。

   写真:Yahooショッピングより 

   Photo_2 昔から「くるみ」でやる人もいるが、ゴルフボールなら少し小さめなのでやりやすい。ほんおじは両手で同時にボールを廻せますよ。

2013年4月15日 (月)

自宅で健康診断

   自宅では時々血圧、体重、体脂肪率を測定している。

Photo 血圧は、日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン2009」によると、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上を「高血圧」としている。昨年の12月23日時点では、血圧降下剤を毎朝1錠飲んで140-80mmHgだった。現在、血圧降下剤は2日に一回1錠に減らし、137-76mmHgなのでまずまずと思う。

昨日のニュースで長野県が男女共に長寿日本一になっていたが、塩分を摂取量を抑えるために県民上げて頑張った成果という。本当に素晴らしいことだ。ほんおじも同居人の協力があり料理の塩分を抑えてきた。たまに外で中国東北料理を食べると、こんなに塩辛い料理を毎日食べていたのかと今はぞっとする。塩分の高い料理は拒絶する身体に変わってしまったようだ。

Photo_2 今日現在、身長169cm、体重74Kg、体脂肪率32.5%である。昨年の12月13日時点では、体重76.5Kg、体脂肪率36.5%で特に体脂肪率は下がった。食事は果物・野菜を毎日600g以上を食べているが、体の調子が良いせいもあり食べる量はガンになる前より多くなっている。朝、昼、晩の食事をきちんと摂るようになり、生活のリズムも以前より安定したせいもあると思う。お医者さんなら「体重を65Kgくらいに落とした方が良い」と言われそうだが、食事療法で2.5Kg下がったし、体脂肪率も下がってきているので、今のまま続けて自然に良い方向に向くようにしていきたい。

ほんおじの年齢の場合体脂肪率は、23~29%でー標準、30~36%で+標準、37~39は軽肥満、42~45で肥満ということになる。今日現在32.5%なので+標準となるのでまずまずである。

2013年4月12日 (金)

食品をアルカリ性と酸性に分けるのは無意味!?

   Photo_2 治療には食事療法が最も重要だと思っているが、食品をアルカリ性食品と酸性食品に分けてなるべくアルカリ性食品を摂りましょうと説明している記事は少なくない。

  Photo_3 一方医療に携わる人の多くはアルカリ性と酸性に分けることは、健康にとって何の意味もないと言う。その根拠は「アルカリ性と酸性かは、食物を燃やして残った灰を水に溶かして調べ硫黄やリン、塩素などが多い食物は酸性、カリウムやマグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどが多い食物はアルカリ性に傾」従い、ミネラルの成分を大ざっぱに示しているだけであり栄養学的な意味は全くないいう

 Photo_4  しかし、血液が弱アルカリのpH7.4~7.5だから、酸性食品を避け、アルカリ性食品を食べて血液をアルカリ性に保つべきだと思っている人は今やいないと思う。多くの人が、野菜ばかり食べようが、肉ばかり食べようが血液は弱アルカリのpH7.4~7.5になることを知っているから、血液を弱アルカリにしようと思って食品を選んでいるわけではないのだ

  いろいろな記事を読んでいて面白いことに気が付いた。

  Photo_5 医療に携わる人は、積極的に摂取する食品】と【制限する食品】という言葉で分けて具体的な食品を紹介しているが、実は【アルカリ性食品】と【酸性食品】で分けて紹介している食品と内容が同じなのである。偶然なのか、因果関係があるのか判らないが、結果的には言葉の使い方だけの問題になってしまう。

  ほんおじはこれからも【積極的にアルカリ性食品】を摂って【酸性食品を制限】していくつもりである。

2013年4月10日 (水)

北京玉淵澤公園の桜

昨日は天気が良かったので、李姉弟と北京の西二環路沿いにある「玉淵澤公園」の桜を見に行ってきた。日中国交回復を記念して田中角栄首相が桜の苗木を北京市に1000本寄贈し、その時は天壇公園に植えたが土が合わず、この玉淵澤公園に移したと記憶する。

Photo

   週末はチケットを購入するにもかなり並ばなくてはならないが、平日のこの日はすぐ買えた。(大人10元、子供5元)角栄さんが寄贈したのは多分染井吉野だと思うが、日本の桜並木とは違い桜の種類が多く、それも広い公園にまばらに植えているので壮観さはない。その代わり種類によって咲く時期が違うため、毎年3月25日から4月25日くらいの1ヶ月間楽しむことが出来る。

Photo_2

   Photo_4 西門から入ると左側が西湖、右側が東湖になるが、「桜花園」は西湖にある前日かなりの強風だったせいか花はかなり散ってしまっていた。よく見ると芽はたくさん付いているので次の週末にもまたたくさん開花しそうだ。

   花見は確かこの日で5回目くらいだったと思うが、以前と違うのは花屋、茶屋や食べ物屋などの露天がかなり増えている。Photo_6

   玉淵澤公園は北京の西側にあるが、テレビ塔を目指すと判りやすい。

Photo_7

2013年4月 7日 (日)

テレビドラマベスト10

  自宅での温熱治療は、就寝前と朝の2回計3時間ほど行っている。治療を始めたころは「アチチ療法」ということで、熱さを最大の5にセットして行っていたが、今はそれは間違いで1か2にセットして1箇所を長く治療する方が良いことに気が付いている。皮膚の表面ではなく、体の内部に長く熱を温存させることが重要で、温熱器は多々あるが三井式はそのことを考慮している機器だと思う。

  いつもコメントをいただいているKeikoさんはがんになって三年になるが、毎週のようにゴルフに行かれ誠にお元気である。三井温熱治療も先輩であるKeikoさんは、自宅ではテレビを見ながら治療をしていると聞く。ほんおじの場合はベットの足元の方にDVDの棚を置き、真ん中に映像パネルを置いてDVDを見ながら治療をしている。Dvd

これまでにほんおじが見たテレビドラマベスト10を選んでみた。(海外のテレビドラマ、映画を除く

「坂の上の雲」NHK原作:司馬遼太郎主演:本木雅弘

「篤姫」NHK原作:宮尾登美子主演:宮崎あおい

「不毛地帯」フジテレビ原作:山崎豊子主演:唐沢寿明

「官僚たちの夏」TBS原作:城山三郎主演:佐藤浩市

「華麗なる一族」TBS原作:山崎豊子主演:木村拓哉

「医龍」フジテレビ原作:乃木坂太郎主演:坂口憲二

「けものみち」テレビ朝日原作:松本清張主演:米倉涼子

「家政婦のミタ」日本テレビ脚本:遊作和彦主演:松嶋菜々子

JIN-仁ー」TBS原作:村上もとか主演:大沢たかお

外交官「黒田康作」フジテレビ原作:真保裕一主演:織田裕二

ベスト10外では、「龍馬伝」NHK、「ハゲタカ」NHK、「南極物語」TBS、「黒皮の手帖」テレビ朝日、「チャンス」NHKの5本が面白かった。

2013年4月 5日 (金)

目下「清明節」で3連休

  中国では、日本のお盆にあたる「清明節」の4月4日(木)、5日(金)、6日(土)の三日間が連休になっている。7日(日)は出勤となる企業や役所が多い。中国のお墓は土葬が多く、一年間の風雨で崩れた土盛りしたお墓を修復したり、草刈りをしたりするのが「清明節」であるが、墓参りと共に春を迎えたこの季節に郊外を散策する日でもある。

  都会から始まり現在は全国的に共同墓地へ移行しているようだが、お墓参りする人は年々増えているそうだ。昔から天国に行った祖先が困らないように紙銭を燃やす習慣があるが、最近では紙で作った洋服、車、パソコン、携帯電話やさらに愛人までも燃やして祖先に送っている。

  【笑い話】紙で作った様々な品を置いているお店に祖先のためにiPhonを買いに行った青年が、店の人から「取扱説明書や充電器なども送ってあげないと祖先は困るでしょうからセットで買ったほうがいいよ」とアドバイスされた。青年は言われたとおりセットで購入し、お店の人に名刺を要求した。店の人「名刺をどうするのか」青年「故障して修理するときのためにこの名刺も一緒に送っておくんだ。」

Photo

            写真:百度より

  清明節は涙雨が降るという不思議な言い伝え(詩)があり、ずっと雨が降らなかった北京に昨日清明節の初日に雨が降った。

2013年4月 3日 (水)

18ホール歩いた!!

   風邪をこじらせ咳とのどの痛みが続いていたが、近所の薬局の勧めで飲んだ薬が効き、3日目でかなり楽になった。昨日の北京は昼間20度の気温で風がさわやかな日だったので、近くてプレー費の安い金色河畔というゴルフコースに李姉と行ってみた。

   12時スタートで午後4時に上がった。冬の間、膝が痛くても1~2Kmは歩くように努力してきたが、18ホール(約10Km)を4時間で歩く自信はまだ無かった。後半からはゆっくりペースにしてかろうじて18ホールを廻ることが出来た。65歳を過ぎてからは毎年最初のプレーは暖かくなってからと決めているが、情け無いことにこの最初のプレーは毎年本当にきつい。

Photo

   フェアーウエイの芝生はまだ茶色目立つが、コース脇の木々に若芽が見えている。恐らく1ヶ月で北京のゴルフコースは緑一色に変身するでしょう。

2013年4月 1日 (月)

エイプリルフール

   エイプリルフールの日は、これまでの人生様々なうそをつき、だまされてきた。子供のころ4月1日朝母が大きな声で「お小遣いあげるから早く起きなさい」、毎年同じことを言われているのに喜んで飛び起きていた。朝一番は特にだまされやすい。エイプリルフールの日のうそにもルールがあり、うそとわかったら誰でも笑顔になることが基本で、ネタは早めにばらすこと、災害、事故、病気など不幸なうそは禁止するのが基本である。

   ほんおじも毎年うそをついてきたが、以前のブログで「胡錦濤国家主席との会談」「安倍総理と面談」(前回の総理の時)など合成写真を作って騙してきたが、こつとしては半分くらい本当の話を入れた文にすると信憑性が高くなり、読む方も「どうやら本当らしい」とひっかかってくれる。でもこのうそを続けていたら多くの方から「今年のほんおじのうそは何でしょう?」と期待されるようになり、誰もだませなくなってしまった。

   

   思い出「石川遼プロとわたし」

   

   父上の石川勝美氏(埼玉県信用金庫)とは、以前仕事の関係でお会いしてから いつの日からかゴルフの話になり、1年に数回一緒にラウンドするようになった。 7~ 8年前のある日、勝美氏から「息子もゴルフに連れて行っていいか」と言われ、初めて遼君のゴルフを拝見した。それがきっかけで遼君のスイングチェックを行なうようになった。

Photo

   このエイプリルフールは好評でした。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »