北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 中国市場と日本企業の戦略研究会 | トップページ | 北京の黄砂は年々少なくなっている »

2013年3月11日 (月)

りんごの差し入れ

   シェアハウスの同居人で、ゴルフ事業も一緒に運営している李姉弟の故郷安徽省の実家から、りんごの差し入れがあった。食事療法の一貫として、ほんおじが毎日果物を食べていることを知り、李姉弟のご両親が生産しているりんごを送ってくれたのだ。最近は毎日1個食べているので本当に有難い。

Photo

    りんごは、食物繊維ビタミンCミネラルカリウムが豊富で、1日1個のリンゴは医者を遠ざけるという諺があるそうだ。また、リンゴに含まれるリンゴポリフェノールには脂肪の蓄積を抑制する効果があるという。

    世界には数千から1万以上の品種が存在するらしいが、中でも「ふじ」の生産量が抜きん出ている。中国・韓国・北アメリカ・オーストラリアなどでの栽培も多く、世界的にも最も生産量の多い品種であることが2001年に米国人学者達による調査によって確認されている。(wikipediaより)中国の市場でも「富士」の名で売っているのが目立つ。誰かが中国に「ふじ」を持ち込んだのか、勝手に名前を使っているのかは定かでない。

« 中国市場と日本企業の戦略研究会 | トップページ | 北京の黄砂は年々少なくなっている »

美味しいもの探し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: りんごの差し入れ:

« 中国市場と日本企業の戦略研究会 | トップページ | 北京の黄砂は年々少なくなっている »