北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 尿検査 | トップページ | エイプリルフール »

2013年3月28日 (木)

カテキンとED薬(中国茶で良いのか!?)

  北京市は高級マンションやホテルを除き、3月17日より地域暖房が止められた。これは毎年のことで仕方の無いことだが、運の悪いことにこの日から急に寒さがぶり返し、ほんおじはそのころより風邪気味でのどもやられ咳もひどくなった。もともと中咽頭ガンであり気管支炎などになると厄介なので気をつけていたが大失敗だ。ただ、右首のリンパ腫の大きさは当初30mm以上、25mmを経て今20mmまでに小さくなっている。最初の頃は正面から見て明らかにリンパ腫の腫れが目立っていたが、今はかなり目立たなくなり、多分見た目では気が付かないと思う。いずれにしても今風邪を治すことに懸命に努力している。

  現在、カテキン(緑茶)は中国で最も有名な龍井(ロンジン)を飲んでいるが、日本の緑茶と同じ効果があるのか最近少し心配になっている。調べてみると、日本と中国の緑茶は大まかに同じ茶葉から出来ているものの製法が違う。緑茶は基本的に不発酵という点は共通だが、最初の工程で酸化をとめるための加工が、日本緑茶の大多数が「蒸す」のに対し、中国緑茶のほとんどは「釜炒り」の手法を用いている。中国緑茶の茶水の色は、日本の緑茶に比べると薄く、質の高いものは炒った大豆や茹でた栗のような芳ばしい香りと渋みの少ない優しい味わいを持っている。

  まろやかで渋みのないお茶のため、逆にカテキンが少ないのではないかと気になってくる。時々飲んでいる烏龍茶の方が渋みもあってメリハリがある。更に調べてみると緑茶は上述のとおり、その製造工程の初期段階で酸化酵素の働きを止めるため、カテキン類の重合はほとんど起こらず、カテキン類は減少しない。それに対して烏龍茶は、酸化酵素の働きにより、茶葉中の成分が変化し、独特の風味・香味が生まれ、カテキン類の重合が起こりカテキン類は減少するとなっている。専門的なことはネットで調べていただくとして、烏龍茶には、お茶に多く含まれている単体であるカテキン類が結合(重合)して出来たポリフェノールが含まれ、このポリフェノールには主に抗酸化作用や抗ガン作用、抗アレルギー作用などを有することなどが解明されつつあるという。

  日本にはカテキン緑茶や、カテキンが含まれるサプリメントなどが販売されているので、いずれ手に入れたい。ほんおじの住まいから近い所にある「セブンイレブン」で、日本のメーカーのペットボトルを見つけた。写真左から説明する。

烏龍茶「濃い味」 伊藤園

緑茶「お~いお茶」 伊藤園

烏龍茶「黒烏龍茶」 サントリー(三得利)

  烏龍茶は、どちらのボトルにも天然茶多酚とか烏龍茶茶多酚と「茶多酚」を強調している。この「茶多酚」がポリフェノールの意味のようである。外に出たときは便利なので持ち歩くようにしたい。

Photo

« 尿検査 | トップページ | エイプリルフール »

カテキンとED薬」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
抗がん作用があるといわれているカテキン
は発酵によって失われます。
そのことを考えれば、ウーロン茶は意味がありません。

ベストは緑茶です。花王のヘルシアとか
伊藤園のカテキン緑茶が手っ取り早いかもしれません。

あと、腫瘍が縮小しているのであれば
是非病院で腫瘍マーカーを診てもらうべきです。
あなたが世界で初めて有効性を示すことが出来れば、より、研究が急速に進み、より有効な投与が明らかになります。そうすれば沢山の人が幸せになります。

おっしゃるとおり現在は、家では緑茶(龍井茶)、外に出たときは伊藤園の「お~いお茶(緑茶)」を飲むようにしました。
今度日本から来る人にお奨めの緑茶を買ってきてもらいます。
自分のことだけを考えれば、別に腫瘍マーカーの必要性は無いと思っているのですが、同じ悩みを持つ方たちのためとなると必要ですね。
もし、貴方が医療に詳しければ、腫瘍マーカーについて判り易く教えてください。
メール:akihiro@web-china.jp 本多

はじめまして。
大阪の再発乳がん患者です。
九州大学の、egcgとED治療薬の併用にはとても興味を持って、ネットで情報を検索していてこちらに辿り着きました。
ほんおじさんがこれで快方に向かえば凄いことですね。続報を心待ちにしています。

http://fukui-med.com/anticancer_thrapy.html
↑こちらの病院では自費診療ですが、たった20日のスケジュールでやっているようです。
薬の量など参考になるかどうか、一度ごらんください。

私はお茶ではなくegcgのサプリメントを飲み始めました。(緑茶カテキンやegcgのサプリメントがたくさんあることに驚きました。)

ビギナッツさん!はじめまして。ブログに興味を持っていただいて有難うございます。
ご紹介いただいた病院の記事を早速見てみました。まだ、薬の量の理解が出来ないので、ゆっくりと考えながら読み直してみます。
また、何か情報がありましたら教えてください。

ほんおじ様。お返事ありがとうございます。
こちらこそ情報交換よろしくお願い申し上げます。
コメント欄に書いてよいのかどうか、迷うことがありますのでメールさせて頂いてよろしいでしょうか?

ビギナッツさん!
是非メールをお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カテキンとED薬(中国茶で良いのか!?):

« 尿検査 | トップページ | エイプリルフール »