北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 繁盛している北京のシミュレーションゴルフ | トップページ | 今、お土産は高性能のマスクが喜ばれる!! »

2013年2月 4日 (月)

早速カテキンとED薬を試す

   1月26日にネットで「カテキンとED薬で抗がん作用=併用で高い効果―九州大」という下記のニュースを見た。

   「緑茶に含まれるカテキンの一種と男性機能不全(ED)治療薬を併用投与することで、正常な細胞を傷つけずにがん細胞のみを殺し、高い抗がん作用を発揮することを、九州大大学院農学研究院の立花宏文教授の研究チームが突き止めた。研究成果は25日、米医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション電子版に掲載された。同教授のチームは2004年、「エピガロカテキンガレート(EGCG)」と呼ばれるカテキンの一種ががん細胞の細胞膜表面にあるたんぱく質と結合することで、がん細胞を特定して殺す仕組みを解明。今回の研究では、EGCGの抗がん作用を阻害する酵素に着目し、この酵素の働きを抑える化合物を含むED治療薬を投与したところ、抗がん作用を高めることに成功した。マウスにヒトの乳がん細胞を移植した実験では、2日に1回、EGCGとED治療薬を投与した結果、16日間でがん細胞が死滅した。多発性骨髄腫や胃がん、膵臓(すいぞう)がん、前立腺がんでも同様の効果が得られたという。

   がんの種類やその人の体質などで効果が違う場合があることは承知しているが、試してみる価値は充分あるので早速トライした。

   エピガロカテキンガレート(EGC   Photo                  

緑茶に含まれるカテキン類は渋みを出すそうで、エピカテキン(EC)エピカテキンガレート(EC

エピガロカテキン(EGC)エピガロカテキンガレート(EGCの4種類あり、いろいろなデータを見ると100gの茶葉に5~10%のEGCGが含まれていることが判った。市場で「茶道」の名のついたおしゃれなポットを買い、中国の緑茶ウーロン茶を今日から飲み始めた。(写真)
    ED薬    Photo_2

近所の薬局でED薬を聞いたところ「Cialis」というのを薦められた。メーカーはスペインのLillyという会社で工場はプエルトリコと書いてある。ネットで調べたところ、シアリス(Cialis)はバイアグラ、レビトラ とともに三大ED医薬と書いてあった。EDとは、Erectile Dysfunctionの頭文字をとった男性の陰茎の勃起障害(ぼっきしょうがい)のことだが、ほんおじが飲んで元気になったらどうするかは心配していない。あくまで抗がんが目的なのである。

 お茶は毎日昼間に飲み、ED薬は二日に一回10mmg飲んで経過を見てみる。

« 繁盛している北京のシミュレーションゴルフ | トップページ | 今、お土産は高性能のマスクが喜ばれる!! »

カテキンとED薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早速カテキンとED薬を試す:

« 繁盛している北京のシミュレーションゴルフ | トップページ | 今、お土産は高性能のマスクが喜ばれる!! »