北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 水仙の花が咲いた!! | トップページ | 今日は元宵節(げんしょうせつ) »

2013年2月22日 (金)

飲みやすい、食べやすいは絶対条件

   あくまで自分勝手な考えであるが、飲みにくい、まずいものは口にしないことにしている。「良薬口に苦し」というが苦い薬は飲みたくない。北京にいれば信頼できる知人の漢方医もいるし、がんの治療に良い調合もしてくれるが、大分飲みやすくなったとはいえやはりまずくて三日と続かない。そのかわり漢方薬に使われる食材を料理に活用するように努力はしている。

   サプリメントの中でも飲んだあとで、胃からいやな臭いが戻ってくるのもあるのでこれも避けている。たんぱく質の粉を湯に溶かして飲むのも美味しくない。果物や蜂蜜を混ぜたが本来のまずい味が消えなかった。

   ほんおじは基本的に好き嫌いはないが、料理で身体にいいからといって美味しくないものは無理に食べない。塩分控え目についてこのブログで掲載したが、ただ塩分を少なくしたのでは美味しくなくなってしまう。酢や胡椒を少量加えることなどにより味をカバーするようにしている。

   少し我がままに聞こえるかもしれないが、どんなに身体に良くても嫌なものを無理に飲食する気分の悪さの方がストレスなど身体に害があるような気がしてならない。病人でも楽しく飲食したいのです。写真:以前よくお客さんを案内した300年の歴史のある北京同仁堂北海店

Photo

« 水仙の花が咲いた!! | トップページ | 今日は元宵節(げんしょうせつ) »

楽しく食事療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲みやすい、食べやすいは絶対条件:

« 水仙の花が咲いた!! | トップページ | 今日は元宵節(げんしょうせつ) »