北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ひまわりの種の食べ方

Photo

   ほんおじの新婚生活は北九州市小倉で始まったのだが、先輩がお祝いにくれたオウムで大変な騒ぎになった。言葉は覚えないし、かなり凶暴なオウムで鳥籠をくちばしでこじ開け外に出てくる。毎日家を守っている妻は、鳥籠から飛び出して部屋の中を飛び回っているオウムと戦う羽目になった。丈夫な鳥籠に変えても、またしつこく毎日鳥籠をこじ開けてようと頑張りついには抜け出してしまう。妻はある日部屋の中で飛び回るオウムを、窓を開けて「出て行け!!」と追い出してしまった。仕方の無いことである。

   このオウムの餌は「ひまわりの種」で、口の中に種をくわえかなり早いスピードで殻を吐き出し実を食べる。

   1976年冬初めて北京を訪れた時、「ひまわりの種」を食べている中国人が多いのにびっくりした。鳥の餌を食べているというのが第一印象だった。そして、あのオウムもびっくりするであろう素早さで殻を捨て実を食べている。

   調べてみると「ひまわりの種には葉酸、ビタミンE、鉄分、亜鉛、繊維、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、マグネシウム、カルシウム、カリウム、良質のたんぱく質、トリプトファン、リノール酸(トナリン)など幅広い種類の栄養分が含まれ、健康な体を保ち、コレステロールを下げる効果がある。」と書いてあり、健康のためには一日スプーン一杯(殻無し)程度を食べ続けると良いそうで、生活習慣病の予防、改善効果、他にも、高血圧や貧血を防ぎ、脂肪を燃焼させる上、若返りの効果があるとも説明している。

   あれから36年たっても、ほんおじは「ひまわりの種」の食べ方があのオウムのようにはならず、恥ずかしながら人に殻を剥いて貰って実を食べている。

2013年2月26日 (火)

北京はこの冬9回目の雪

   Photo    昨年11月4日に早々と雪が降り、この冬北京は昨日で確か9回目の雪だ。2010年、年明けに40年ぶりの積雪量40cmと北京にしては大雪に見舞わたことがあったが、本来北京の雪は道路はすぐ解けてしまうような雪が多い。ひと冬で9回も雪が降ったのはほんおじの36年の記憶でもなかったように思う。
   古い話しで恐縮だが、真冬の北海道帯広市に札幌の同僚らと出張に行ったとき、列車の中で帯広駅で下車してから最初に転んだ者が、その晩の飲食費を負担することになった。ほんおじは駅を出て一歩目で転んでしまい、その晩皆嬉しそうに良く酒を飲み、よく食べてくれた。

   あとで聞けば、東京からのほんおじは普通の革靴だが、札幌から参加の連中は靴の裏がぎざぎざになって滑り止めになっていた。だまされたようなものだ。

   その時の経験から、毎年北京で雪の日や道が凍っているときはゴルフシューズを履いている。

   写真:2月3日の雪

2013年2月24日 (日)

今日は元宵節(げんしょうせつ)

   中国の農暦で今年の春節(正月)は2月10日だったが、その日から15日目の今日2月24日が元宵節(げんしょうせつ)になる。日本の小正月に相当しこの日で正月が終わりでもあり、また満月の日でもある。

   Photo この日は湯円(団子)を食べる習慣がある。湯円はもち米を原料とした団子であり、中には砂糖、胡桃、ゴマ、小豆餡、氷砂糖などが入れられる。歴史上この団子は「湯円」と呼ぶのだが、北京など北方では「今夜元宵を食べよう」と言う人が多い。

   元宵節の夜には、色とりどりの灯篭(ランタン)を掛けたり、春節からの残りの花火をいっせいに打ち上げる。但し、北京中心部(四環路内)は花火・爆竹禁止だが、ほんおじ住んでいる地域は四環路外なのでもう一度花火が楽しめる。それにしても日本の花火は夏が相場なのに、中国では冬に花火・爆竹が多いのが面白い。

    さて、コロもさっきから待っているので元宵(ユエンシャオ)を食べることにします。

2013年2月22日 (金)

飲みやすい、食べやすいは絶対条件

   あくまで自分勝手な考えであるが、飲みにくい、まずいものは口にしないことにしている。「良薬口に苦し」というが苦い薬は飲みたくない。北京にいれば信頼できる知人の漢方医もいるし、がんの治療に良い調合もしてくれるが、大分飲みやすくなったとはいえやはりまずくて三日と続かない。そのかわり漢方薬に使われる食材を料理に活用するように努力はしている。

   サプリメントの中でも飲んだあとで、胃からいやな臭いが戻ってくるのもあるのでこれも避けている。たんぱく質の粉を湯に溶かして飲むのも美味しくない。果物や蜂蜜を混ぜたが本来のまずい味が消えなかった。

   ほんおじは基本的に好き嫌いはないが、料理で身体にいいからといって美味しくないものは無理に食べない。塩分控え目についてこのブログで掲載したが、ただ塩分を少なくしたのでは美味しくなくなってしまう。酢や胡椒を少量加えることなどにより味をカバーするようにしている。

   少し我がままに聞こえるかもしれないが、どんなに身体に良くても嫌なものを無理に飲食する気分の悪さの方がストレスなど身体に害があるような気がしてならない。病人でも楽しく飲食したいのです。写真:以前よくお客さんを案内した300年の歴史のある北京同仁堂北海店

Photo

2013年2月20日 (水)

水仙の花が咲いた!!

Photo

   李姉が球根から手入れをしていた水仙の花が咲いた。水仙の花言葉は、「うぬぼれ」「自己愛」「エゴイズム」と意外にもきつい言葉だ。水面に映った自分の姿に恋をした、ギリシャ神話の美少年「ナルキッソス」の伝説にちなむ。納得。

   「日本水仙」は、地中海沿岸原産のものが中国に渡り、その後渡来したそうだが、花言葉とは違い清楚な感じがするし、香りも華道・茶道といった日本の美意識とマッチする。イギリスの国花、福井県の県花なのですね。

   写真の水仙の右隣は、にんにくで水に漬けておいたら水仙に負けじと同じ高さまで葉が伸びてきた。

2013年2月19日 (火)

感謝!!藤田英治殿

   東京の病院に勤務している友人藤田英治さんから、昨日EMSで差し入れが送られてきた。なかなか帰国の出来ないほんおじにとっては本当に有難い。

Photo

うがい薬 北京の空気が悪いので外から戻ると必ずうがいをしている。300mLもあるので半年分になる。

アガリクス ちょうど無くなったところで、120日分もあると安心。

煮干いりこ 食べてもよし、ダシに使ってもよし、早速使ってみる。

だしの素 かつおと昆布のだしなので食事療法にはかかせない。

ハイミー 小さいけど汁物なら170杯分の調味料。

   いずれも即利用できる有難い物ばかり。藤田さんは、メールは届きにくいけどブログは見ていただいているそうなので、失礼ながら無事受け取ったことをここに報告します。有難うございました。m(_ _)m

2013年2月17日 (日)

春節のお参りは北京雍和宮

   Photo    日本にいる時は正月に明治神宮にお参りに行っていたが、子供が出来てからは横浜に住んだこともあり近所にあった神社に行くようになり、地元の神社の方がご利益があると思うようにもなった。北京では毎年春節には北京最大のラマ教寺院「雍和宮」にお参りしている。

   雍和宮は、清代5代雍正帝が親王時代の住居であった。1744年乾隆帝の代に雍正帝時代の弾圧に対する宥和政策及びチベット、モンゴル族の不満解消のためにこの場所に寺院が建造された。現在寺院周りには仏具や線香を売る店が立ち並び、春節の間は線香を売る人達も大勢立ち並び一束10元(約150円)くらいで参拝客に売り込んでいる。

   日本に較べかなり線香は長いが、写真の通り火をつけるのに長くないと手がやけどしそうになる。線香に火がつくと両手でおでこの位置に置き、3回お辞儀をする

両膝を台の上に乗せて参拝する人、立ったまま東西南北に向かって順に参拝する人など様々である。

   

   ダライラマは1954年北京にやってきてここに滞在した。『ダライラマ自伝』によれば毛沢東や周恩来とも親しく交流し、教えも受けたという。しかしその後のチベット暴動、インドへの亡命となる。

2013年2月15日 (金)

カテキンとED薬を試す!!第2弾

   

   2月4日(月)の「早速カテキンとED薬を試す」はアクセス数が多く、応援のメールもいただいき大変感謝している。1月26日付けの「カテキンとED薬で抗がん作用―九州大」のニュースに興味を持った方が多いのだと思う。

   Photo

ほんおじが試してから10日目だが早くも効果が表れた。このことは後半に説明するが、前回のブログでウーロン茶を緑茶と書いてしまったが、ウーロン茶は青茶に属し中国の緑茶で有名なのは龍井(ロンジン)茶で、ほんおじは今このお茶を飲んでいるのでここに訂正する。

まずED薬は「シアリス」を購入し、2日間に1回朝食後、一錠20mmgの半分の10mmgを飲む。

10mmgと20mmgの値段の差があまりなかったので、20mmgを半分にして飲んでいる。

緑茶は、毎日朝食後大きいカップで2杯飲む。出かけるときはポットに入れて持ち歩く。

   Photo_3

九州大大学院農学研究院の立花宏文教授の研究チームは、マウスに2日間に1回投与していることから、同じようにED薬は2日間に1回にしたが、シアリス」は30数時間効果があることも考慮した。

   ほんおじの場合「中咽頭癌のレベル4」で、手術、放射線、抗がん剤など一切行っていない。温熱治療、食事療法、サプリメントの3つの方法で自宅で楽しみながら治療している。喉にエヘン虫がいるような状況とつばを飲み込むときや咳をする時の喉の痛みが続いているが、治療のお陰でそれ以上は進まないでいる。リンパ腫の大きさも昨年夏の発生時から変わらない。

   10日前から始めた緑茶とED薬は4~5日目でエヘン虫がいなくなった。10日目には喉の痛みがほとんどなくなった。リンパ腫も少しだが小さくなり始めた。これは驚くべき効果だ。実は癌がどこにあるかは温熱治療で判る。朝晩合計2時間半自分で治療をしているが、癌のあるところはかなり熱くなるので判る。ほんおじの場合は喉の周りだが、今熱くなる部分がせばまってきている。マウスの場合16日間でがん細胞が死滅したそうだが、人間の場合に換算すると一般的に何日になるのだろうか。

   癌の種類やその人の体質によって抗がんの効果は違うことは承知している。いずれにしても緑茶とED薬の治療をこれからも続けていく。

2013年2月12日 (火)

りんごの皮むき競争

   Photo 子供のころ兄が上手にりんごの皮むきをしているのを見て、競争心から皮むきを始めた。一個のりんごで長い皮むきが出来れば勝ちだ。細く切れば皮は長くなるが途中で切れやすくなる。同時に皮むきを始めるので兄が失敗をすれば無理をせず幅広く安全に皮むきをすることになる。この皮むき競争は学生になっても続いたので、知らない間にかなり高いレベルにまでになっていた。

   今、サプリメントのアドバイスをいただいている北京和僑会桂明佳理事(北京科尼雅商貿有限公司総経理)にジューサーをいただき、早速りんごのジュースから始めた。そして本当に久しぶりにりんごの皮むきをしたが、大分下手になっていた。それでも皮むきの下手な李姉からは「凄い」と驚いてくれる。

   Photo_3 りんごを小さめにカットして、アルカリ水を1カップ、蜂蜜を大さじ2杯ジューサーに入れ、頭の中で30くらい数えたくらいで電源を切ると「りんごと蜂蜜」ジュースが出来上がる。りんご1個は約300gあるのでなかなか食べきれないが、ジュースにするとあっという間に飲むことが出来る。        

梨も1個食べるのはしんどい「梨と蜂蜜」ジュースなら美味しく飲み干せる。バナナはジュースにすると甘味が強く出るので、生のまま食べた方が美味しい。イチゴも生が美味しいが、少し痛んだイチゴはミルクをミックスしたジュースが美味しい。これからもいろいろ楽しみながらジュース作りに挑戦してみたい。

2013年2月10日 (日)

新年快楽!!

   今年の春節も爆竹、花火の轟音とともに新年を迎えました。

   大昔「年」という獰猛な獣がいて、毎年旧暦の大晦日の夜に姿を現し、人を食べていたといいます。この獣を退治するため、人々は食物を供え、身を潜めて隠れていました。

   獣がそれを食べに来ると皆、赤い服を着て、松明をともし、爆竹をならして獣を袋叩きにしました。獣は驚いて逃げ出し、人々は大喜びしたといいます。
   その後、毎年この時期になるとお互いに祝福し合い、「万事如意=全てうまくいきますように)」、「恭喜発財=お金持ちになれますように)」と書いた紅色の「春聯=新年に門や入口の戸に貼る、おめでたい対句)」を玄関に貼り出し爆竹を打ち鳴らすようになりました。(中国まるごと百科事典)

Photo

  今年の春節(中国のお正月は)は2月10日から。従い、前日の9日は大晦日で、近所の臨時の花火店は最後の追い込みで大賑わいでした。(写真)大晦日のテレビは、夜8時から有名歌手、演奏家、お笑い芸人、手品師などが勢ぞろいの楽しい番組で、今年は外国の有名歌手や演奏家が目立ったのが特長でした。そして、夜12時に一斉に北京中が地響きを立てて花火、爆竹が始まり、そして年越しそばならぬ年越し餃子を食べます。

   皆様!今年もよろしくお願いいたします。

2013年2月 8日 (金)

元気牧草って知っていますか?

   近所にあるショッピングセンターのひとつ「嘉茂(ジャーマオ)」で偶然見つけたのが「元気牧草」。店員の説明を聞きながら、試飲すると少し黄な粉に似た味で飲みやすい。どんなに良いものでもまずいと長続きしない。牧場の牧草を粉末にしたもので、コップに大さじ2杯を入れて60度くらいのお湯で溶かして飲む。

Photo_2効能

ボケ 血圧 糖尿 便秘 大腸がん 直腸がん 胆石 肥満 心臓欠陥 コレストロール 免疫力 体内の毒そう除去 

栄養

たんぱく質 ミルクの15倍

カロティン ほうれん草の10倍

カリウム ミルクの30倍

クロロフィル(葉緑素) 野菜の10~15倍

カルシウム ミルクの12倍

ビタミンC ほうれん草の5倍

ビタミンE ミルクの9倍

ビタミンB ミルクの30倍

ビタミンA ほうれん草の3倍

メーカー:台湾実源興業有限公司

元気牧草」の値段は少し高いが、身体に良さそうなので購入し今一日2回飲んでいる。

2013年2月 6日 (水)

今、お土産は高性能のマスクが喜ばれる!!

   Photo

   北京オリンピック前北京市は、市内中心(4環路内)の工場を郊外に移転させたり、石炭炊きのボイラーを天然ガス用に切り替えたり、1週間に一回ナンバープレートの末尾の数字で車の運転を制限したりして青空をかなり取り戻した。しかし、オリンピック後毎年また汚染が始まり今年は過去最悪の状況になってしまった。

   思い出すが、1965年の東京や川崎は酸性雨に見舞われ、服に穴が開いたりコンクリートも溶かすようなひどい状況で、1970年には光化学スモッグで学校で運動中に多くの子供たちが倒れ、休校する学校も少なくなかった。このまま行くと北京も当時の東京と同じような状況になりかねない。猪瀬知事も言っているように東京には過去のノウハウがあり、北京市も是非東京の意見を聞いて改善の参考にしてもらいたい。中国から日本への大気汚染を防ぐことにもつながることから、日本の環境技術と環境行政が中国で生かせることを期待する。

    これから北京に来られる方は、お土産を高性能のマスクにすると喜ばれると思いますよ。

   昨日は雪&大気汚染、今日は青空(25階の部屋より撮影)

2013年2月 4日 (月)

早速カテキンとED薬を試す

   1月26日にネットで「カテキンとED薬で抗がん作用=併用で高い効果―九州大」という下記のニュースを見た。

   「緑茶に含まれるカテキンの一種と男性機能不全(ED)治療薬を併用投与することで、正常な細胞を傷つけずにがん細胞のみを殺し、高い抗がん作用を発揮することを、九州大大学院農学研究院の立花宏文教授の研究チームが突き止めた。研究成果は25日、米医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション電子版に掲載された。同教授のチームは2004年、「エピガロカテキンガレート(EGCG)」と呼ばれるカテキンの一種ががん細胞の細胞膜表面にあるたんぱく質と結合することで、がん細胞を特定して殺す仕組みを解明。今回の研究では、EGCGの抗がん作用を阻害する酵素に着目し、この酵素の働きを抑える化合物を含むED治療薬を投与したところ、抗がん作用を高めることに成功した。マウスにヒトの乳がん細胞を移植した実験では、2日に1回、EGCGとED治療薬を投与した結果、16日間でがん細胞が死滅した。多発性骨髄腫や胃がん、膵臓(すいぞう)がん、前立腺がんでも同様の効果が得られたという。

   がんの種類やその人の体質などで効果が違う場合があることは承知しているが、試してみる価値は充分あるので早速トライした。

   エピガロカテキンガレート(EGC   Photo                  

緑茶に含まれるカテキン類は渋みを出すそうで、エピカテキン(EC)エピカテキンガレート(EC

エピガロカテキン(EGC)エピガロカテキンガレート(EGCの4種類あり、いろいろなデータを見ると100gの茶葉に5~10%のEGCGが含まれていることが判った。市場で「茶道」の名のついたおしゃれなポットを買い、中国の緑茶ウーロン茶を今日から飲み始めた。(写真)
    ED薬    Photo_2

近所の薬局でED薬を聞いたところ「Cialis」というのを薦められた。メーカーはスペインのLillyという会社で工場はプエルトリコと書いてある。ネットで調べたところ、シアリス(Cialis)はバイアグラ、レビトラ とともに三大ED医薬と書いてあった。EDとは、Erectile Dysfunctionの頭文字をとった男性の陰茎の勃起障害(ぼっきしょうがい)のことだが、ほんおじが飲んで元気になったらどうするかは心配していない。あくまで抗がんが目的なのである。

 お茶は毎日昼間に飲み、ED薬は二日に一回10mmg飲んで経過を見てみる。

2013年2月 1日 (金)

繁盛している北京のシミュレーションゴルフ

   北京は冬が長いのでゴルフコースは4ヶ月以上閉鎖する。(一部休まず営業しているコースもある)北京でも年々増えている室内のシミュレーションゴルフが冬の間大繁盛している。特に中国、韓国の人はかけるのが好きでむきになって夜遅くまで腕を競っている。

   ほんおじの住んでいる望京の良く知っているシミュレーションゴルフの店では、韓国のゴルフ場のひとつを指定し、18ホールパー72を80(8オーバー)以内でまわれば2回分の無料プレー券がもらえるようにしたところ、一層お客さんが増えた。ただし、プロ仕様に設定しアップダウンの床の傾斜は標準よりきつくなり、球筋も標準設定の時のように甘くない。

   ほんおじのスタッフである李姉(春燕)が挑戦した。

   ハーフ(9ホール)廻ったところで8オーバーの44、店のオーナーが「後半パーで廻れば80でクリアーするよ」と笑いながら言った。(無理だろうなというしぐさで)後半10番から14番までパーが続いた。しかし、15番でダブルボギーを叩き万事休すと思ったが、何と16番17番で連続バーディで後半パープレーに戻した。最終18番ではグリーン上で嫌な傾斜の3.5Mのパーパットが残ったが見事カップイン。44+36=80で無料プレー券をゲットした。観ていて面白かった。

写真:キャノンカメラのパンフレットに掲載された李春燕のスイング連続写真の1枚

Psu5

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »