北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 野菜たっぷりのしゃぶしゃぶ | トップページ | 塩分控え目ってどのくらいが適量?その2 »

2013年1月21日 (月)

塩分控え目ってどのくらいが適量?その1

   ネットで探すと適塩については、驚くべきほどに情報がたくさんある。日本人の現実の食塩摂取量の平均は、一般成人男性11.4g、一般成人女性9.8g。(厚労省 平成22年 国民健康・栄養調査より)

   昨年6月17日にNHKで放送した、シリーズ減塩(1)“減塩後進国”ニッポンによれば、日本と世界の食塩摂取目標量は、かなりの差があることが判る。

日本人の食塩摂取目標量:一般成人男性(目標量)食塩9g/日未満、一般成人女性(目標量)7.5g/日未満(厚生労働省)

WHO(世界保健機関)の目標量:一般成人(目標量) 食塩5g/日未満
アメリカの目標量:一般成人(目標量) 食塩相当量3.8g、一般成人(耐用上限量)食塩相当量 5.8g
イギリスの目標量:一般成人(目標量) 食塩3g/日未満
   確かに、日本が減塩後進国であることがわかる。塩(塩化ナトリウム)を必要とする理由は体に不可欠なミネラルである「ナトリウム」を摂るためである。ナトリウムの摂取量が、ゼロになったら命にかかわる。しかし、ナトリウムは天然の食品、とくに海藻や魚介類といった海産物にも含まれているし、普段食べている食パンにも100グラム中に1グラム含まれている。癌との関係で言えば塩分の取りすぎが、主に胃ガンに悪影響を与えるというのが専門家の一致した意見のようだ。

   Photo  

いずれにしても塩分の摂りすぎは、高血圧にもつながるし良いことで無いことは間違いない。食事療法を開始してから約3ヶ月、ごま塩の塩を止めた、味噌汁は薄めにした、塩漬けの魚はやめた、塩の多いおしんこはやめた、餃子を食べる時は醤油でなく酢で食べるなど自分なりに塩分を抑えているが、実際一日の塩分摂取量がどれくらいなのか早速調べてみることにした。

   5年前から使っているバンベンのモンゴル岩塩(写真)

   

« 野菜たっぷりのしゃぶしゃぶ | トップページ | 塩分控え目ってどのくらいが適量?その2 »

楽しく食事療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩分控え目ってどのくらいが適量?その1:

« 野菜たっぷりのしゃぶしゃぶ | トップページ | 塩分控え目ってどのくらいが適量?その2 »