北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« 塩分控え目ってどのくらいが適量?その1 | トップページ | 塩分控え目ってどのくらいが適量?その3 »

2013年1月24日 (木)

塩分控え目ってどのくらいが適量?その2

   現在、塩分控えめにしているつもりのほんおじのある日の1日の食事で塩分量を計ってみた。

   朝食:パン80g、バナナ1本、100%野菜ジュース(添加物無し)コップ一杯、ヤクルト1本

食パン100g中には1gのナトリウムが含まれている。ナトリウムから塩分量を出す計算式がある。

ナトリウム量(ミリグラム)×2.54÷1000= 食塩相当量(グラム)

800mg×2.54÷1000=2.032≒2.03g

   昼食:野菜たっぷりのラーメン 

ラーメンの表示にはナトリウム1700gと表示されていた。

1700mg×2.54÷1000=4.318≒4.32g

   夕食:もやしとピーマンの炒め物(塩5.5g)、しいたけと豚肉そぼろ(塩5g)、トマトと卵のスープ(塩3g)以上三人前

(5.5+5+3)÷三人前=4.5g/人

一日の塩分摂取量計:2.03+4.32+4.5=10.85g

   こんなに多いとはショックです。パンとかラーメンのナトリウムの量も予想以上に大きい。

   明日からまず一日8g以下を目指すことにした。(写真は8gの塩)

8g

« 塩分控え目ってどのくらいが適量?その1 | トップページ | 塩分控え目ってどのくらいが適量?その3 »

楽しく食事療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩分控え目ってどのくらいが適量?その2:

« 塩分控え目ってどのくらいが適量?その1 | トップページ | 塩分控え目ってどのくらいが適量?その3 »