北京で活躍する和僑達

フォト
無料ブログはココログ

« きのこの効能 | トップページ | 癒し猫 »

2012年11月30日 (金)

アルカリ度の高い食品ベスト4

   ネットで調べるとアルカリ度の高い食品は、第一位昆布38.9第二位いんげん18.82、第三位しいたけ17.48、第四位ほうれん草17.48とこの4つが飛び抜けている。

弱アルカリph7.3~7.4を目指すためアルカリ食品と酸性食品の摂取量を大雑把に7:3で進めているが、酸性の中では白米が毎日食べているので割合は多くなる。また、酸性の代表的な肉類も控えなければならないのでしょうが、料理は美味しく食べなければ長続きしないし、食事でストレスが溜まっても意味がない。

牛ステーキ、とんかつ、焼肉などは残念ながら止めて、例えば野菜炒めに豚肉を少量入れるなどして7:3を維持していくことにする。

   昆布が圧倒的にアルカリ度が高いので早速料理に使っていたが、「昆布やわかめにはヨウ素が含まれ食べ過ぎるとのどにある甲状腺がはれたり、甲状腺の障害が起こることが判り(私にとって甲状腺の障害は命取りになる。)、今は昆布だしを使ったり、時々こぶ茶を飲む程度にしている。

   良いこともあるけど摂取量が多過ぎると悪い面も出てくることが判り、これから良いことばかりを鵜呑みにしないよう気を付けていくことにする。

   野菜も果物も旬なものを選び、市場が我が家から500mの場所と近いこともあり、鮮度を考え買いだめはせず2日以内に食べたり料理するものだけを買っている。写真のいんげんは300g4元で今夜食べる分だけである。(1元=約13円)作りだめはしない。栄養は落ちるし、二日続けて同じものを食べるのも美味しくない。

Photo_2

« きのこの効能 | トップページ | 癒し猫 »

楽しく食事療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルカリ度の高い食品ベスト4:

« きのこの効能 | トップページ | 癒し猫 »